万葉集 第10巻 2211番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2211番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2211番歌

第10巻
歌番号 2211番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠黄葉)
原文 妹之紐 解登結而 立田山 今許曽黄葉 始而有家礼
訓読 妹が紐解くと結びて龍田山今こそもみちそめてありけれ
かな いもがひも とくとむすびて たつたやま いまこそもみち そめてありけれ
英語(ローマ字) IMOGAHIMO TOKUTOMUSUBITE TATSUTAYAMA IMAKOSOMOMICHI SOMETEARIKERE
妻の着物の紐を結んで出発する(発つ)という、その龍田山はちょうどいまごろ色づき始めたことだろうな。
左注
校異
用語 秋雑歌、奈良県、生駒郡、地名、植物、季節
タイトルとURLをコピーしました