万葉集 第10巻 2177番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2177番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2177番歌

第10巻
歌番号 2177番歌
作者 作者不詳
題詞 詠山
原文 春者毛要 夏者緑丹 紅之 綵色尓所見 秋山可聞
訓読 春は萌え夏は緑に紅のまだらに見ゆる秋の山かも
かな はるはもえ なつはみどりに くれなゐの まだらにみゆる あきのやまかも
英語(ローマ字) HARUHAMOE NATSUHAMIDORINI KURENAゐNO MADARANIMIYURU AKINOYAMAKAMO
春には草木が芽を出し、夏は緑葉が繁り、そして紅葉がまだらに彩られる秋の山。
左注
校異
用語 秋雑歌、属目、季節
タイトルとURLをコピーしました