万葉集 第10巻 2178番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2178番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2178番歌

第10巻
歌番号 2178番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 詠黄葉
原文 妻隠 矢野神山 露霜尓 々寶比始 散巻惜
訓読 妻ごもる矢野の神山露霜ににほひそめたり散らまく惜しも
かな つまごもる やののかむやま つゆしもに にほひそめたり ちらまくをしも
英語(ローマ字) TSUMAGOMORU YANONOKAMUYAMA TSUYUSHIMONI NIHOHISOMETARI CHIRAMAKUWOSHIMO
神様にも妻がいらっしゃるという、矢野の神山が露霜に当たってすっかり色づき初めた。やがて木々の葉が散り出すだろうが惜しいことだ。
左注 (右二首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 秋雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、地名、季節
タイトルとURLをコピーしました