万葉集 第10巻 1890番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1890番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1890番歌

第10巻
歌番号 1890番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 春相聞
原文 春<山> <友>鴬 鳴別 <眷>益間 思御吾
訓読 春山の友鴬の泣き別れ帰ります間も思ほせ我れを
かな はるやまの ともうぐひすの なきわかれ かへりますまも おもほせわれを
英語(ローマ字) HARUYAMANO TOMOUGUHISUNO NAKIWAKARE KAHERIMASUMAMO OMOHOSEWAREWO
春山ではウグイスが仲間同士で鳴き別れていくように、(私たちも)泣く泣くお別れしなくてはなりません。お帰りの道すがらにでもお思い下さい、私のことを。
左注 (右柿本朝臣人麻呂歌集出)
校異 日野 山 [新校] / 犬 友 [類] / 春春 眷 [西(訂正)][細][京]
用語 春相聞、作者:柿本人麻呂歌集、略体、動物、恋情、序詞
タイトルとURLをコピーしました