万葉集 第10巻 1889番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1889番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1889番歌

第10巻
歌番号 1889番歌
作者 作者不詳
題詞 譬喩歌
原文 吾屋前之 毛桃之下尓 月夜指 下心吉 菟楯項者
訓読 我が宿の毛桃の下に月夜さし下心よしうたてこのころ
かな わがやどの けもものしたに つくよさし したこころよし うたてこのころ
英語(ローマ字) WAGAYADONO KEMOMONOSHITANI TSUKUYOSASHI SHITAKOKOROYOSHI UTATEKONOKORO
我が家の庭の毛桃の木の下に月光が射し込んでいる。ひそかに心楽しい、この頃ますます。
左注
校異 歌 [西] 謌
用語 春雑歌、植物、比喩
タイトルとURLをコピーしました