万葉集 第10巻 1817番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1817番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1817番歌

第10巻
歌番号 1817番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞
原文 今朝去而 明日者来牟等 云子鹿丹 旦妻山丹 霞霏d
訓読 今朝行きて明日には来なむと云子鹿丹朝妻山に霞たなびく
かな けさゆきて あすにはきなむと **** あさづまやまに かすみたなびく
英語(ローマ字) KESAYUKITE ASUNIHAKINAMUTO **** ASADUMAYAMANI KASUMITANABIKU
朝になると野に出かけていって明け方に帰ってくる鹿たち。その朝妻山に霞がたなびいている。
左注 (右柿本朝臣人麻呂歌集出)
校異 牟 [元][類] 年 / 鹿丹 [元] 庶
用語 春雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、御所市、奈良県、地名、季節
タイトルとURLをコピーしました