万葉集 第10巻 2302番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2302番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2302番歌

第10巻
歌番号 2302番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄夜)
原文 <或>者之 痛情無跡 将念 秋之長夜乎 <寤><臥>耳
訓読 ある人のあな心なと思ふらむ秋の長夜を寝覚め臥すのみ
かな あるひとの あなこころなと おもふらむ あきのながよを ねざめふすのみ
英語(ローマ字) ARUHITONO ANAKOKORONATO OMOFURAMU AKINONAGAYOWO NEZAMEFUSUNOMI
人様が見るとなんと無粋なことよと思うかもしれない。秋の夜長をただ寝ているだけじゃないかと・・・。あの人に恋煩って臥せっているというのに。
左注
校異 惑 或 [元][紀] / 寐 寤 [元] / 師 臥 [元][類]
用語 秋相聞、恋情、孤独
タイトルとURLをコピーしました