万葉集 第10巻 1938番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1938番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1938番歌

第10巻
歌番号 1938番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鳥)反歌
原文 客尓為而 妻戀為良思 霍公鳥 神名備山尓 左夜深而鳴
訓読 旅にして妻恋すらし霍公鳥神なび山にさ夜更けて鳴く
かな たびにして つまごひすらし ほととぎす かむなびやまに さよふけてなく
英語(ローマ字) TABINISHITE TSUMAGOHISURASHI HOTOTOGISU KAMUNABIYAMANI SAYOFUKETENAKU
旅に出たホトトギスがしきりに妻を恋しがっているようだ。神宿る神なび山で真夜中に鳴き声を響かせている。
左注 右古歌集中出
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 夏雑歌、古歌集、飛鳥、地名、動物、恋情、羈旅
タイトルとURLをコピーしました