万葉集 第10巻 2236番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2236番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2236番歌

第10巻
歌番号 2236番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠雨)
原文 玉手次 不懸時無 吾戀 此具礼志零者 沾乍毛将行
訓読 玉たすき懸けぬ時なし我が恋はしぐれし降らば濡れつつも行かむ
かな たまたすき かけぬときなし あがこひは しぐれしふらば ぬれつつもゆかむ
英語(ローマ字) TAMATASUKI KAKENUTOKINASHI AGAKOHIHA SHIGURESHIFURABA NURETSUTSUMOYUKAMU
私の恋はなんとか成就しようという、たすき掛けの状態にある。しぐれが降っても、濡れながらでもそのまま進もう。
左注
校異
用語 秋雑歌、枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました