万葉集 第10巻 2038番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2038番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2038番歌

第10巻
歌番号 2038番歌
作者 作者不詳
題詞 (七夕)
原文 不合者 氣長物乎 天漢 隔又哉 吾戀将居
訓読 逢はなくは日長きものを天の川隔ててまたや我が恋ひ居らむ
かな あはなくは けながきものを あまのがは へだててまたや あがこひをらむ
英語(ローマ字) AHANAKUHA KENAGAKIMONOWO AMANOGAHA HEDATETEMATAYA AGAKOHIWORAMU
逢わないできた日々は長かったのに逢う瀬は一夜にして終わり、天の川を隔ててまた恋い焦がれ続けなければならないのでしょうか。
左注
校異
用語 秋雑歌、七夕
タイトルとURLをコピーしました