万葉集 第10巻 2200番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2200番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2200番歌

第10巻
歌番号 2200番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠黄葉)
原文 九月 白露負而 足日木乃 山之将黄變 見幕下吉
訓読 九月の白露負ひてあしひきの山のもみたむ見まくしもよし
かな ながつきの しらつゆおひて あしひきの やまのもみたむ みまくしもよし
英語(ローマ字) NAGATSUKINO SHIRATSUYUOHITE ASHIHIKINO YAMANOMOMITAMU MIMAKUSHIMOYOSHI
九月(ながつき)の白露を浴びて、山一帯が色づくのを見るのはいいものだ。
左注
校異
用語 秋雑歌、枕詞、季節、植物
タイトルとURLをコピーしました