万葉集 第10巻 2269番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2269番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2269番歌

第10巻
歌番号 2269番歌
作者 作者不詳
題詞 寄鶴
原文 今夜乃 暁降 鳴鶴之 念不過 戀許増益也
訓読 今夜の暁ぐたち鳴く鶴の思ひは過ぎず恋こそまされ
かな こよひの あかときぐたち なくたづの おもひはすぎず こひこそまされ
英語(ローマ字) KOYOHINO AKATOKIGUTACHI NAKUTADUNO OMOHIHASUGIZU KOHIKOSOMASARE
夜の明け方過ぎの早朝、鶴の切ない鳴き声がする。そんな鳴き声のように私の切なさは募り、恋心が増すばかり。
左注
校異
用語 秋相聞、動物、恋情
タイトルとURLをコピーしました