万葉集 第10巻 2268番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2268番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2268番歌

第10巻
歌番号 2268番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄鹿)
原文 左小<壮>鹿之 小野<之>草伏 灼然 吾不問尓 人乃知良久
訓読 さを鹿の小野の草伏いちしろく我がとはなくに人の知れらく
かな さをしかの をののくさぶし いちしろく わがとはなくに ひとのしれらく
英語(ローマ字) SAWOSHIKANO WONONOKUSABUSHI ICHISHIROKU WAGATOHANAKUNI HITONOSHIRERAKU
牡鹿が伏せっていた小野の草にははっきりとその跡が残っている。そんな風にはっきり彼女に迫ったことはないのに、いつのまにか人が知るところになってしまった。
左注
校異 牡 壮 [定本] / <> 之 [類][紀]
用語 秋相聞、動物、秘密
タイトルとURLをコピーしました