万葉集 第10巻 1845番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1845番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1845番歌

第10巻
歌番号 1845番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠霞)
原文 鴬之 春成良思 春日山 霞棚引 夜目見侶
訓読 鴬の春になるらし春日山霞たなびく夜目に見れども
かな うぐひすの はるになるらし かすがやま かすみたなびく よめにみれども
英語(ローマ字) UGUHISUNO HARUNINARURASHI KASUGAYAMA KASUMITANABIKU YOMENIMIREDOMO
ウグイスの鳴く春がやってきたようだ。春日山に霞がたなびいている、夜目にもはっきりと。
左注
校異
用語 春雑歌、奈良、地名、動物、季節
タイトルとURLをコピーしました