万葉集 第10巻 2330番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2330番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2330番歌

第10巻
歌番号 2330番歌
作者 作者不詳
題詞 詠露
原文 為妹 末枝梅乎 手折登波 下枝之露尓 沾<尓>家類可聞
訓読 妹がためほつ枝の梅を手折るとは下枝の露に濡れにけるかも
かな いもがため ほつえのうめを たをるとは しづえのつゆに ぬれにけるかも
英語(ローマ字) IMOGATAME HOTSUENOUMEWO TAWORUTOHA SHIDUENOTSUYUNI NURENIKERUKAMO
彼女のために梢の梅を手折ろうとしては下枝(しづえ)の露に濡れてしまう。
左注
校異 <> 尓 [元][類]
用語 冬雑歌、植物
タイトルとURLをコピーしました