万葉集 第10巻 2331番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2331番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2331番歌

第10巻
歌番号 2331番歌
作者 作者不詳
題詞 詠黄葉
原文 八田乃野之 淺茅色付 有乳山 峯之沫雪 <寒>零良之
訓読 八田の野の浅茅色づく有乳山嶺の淡雪寒く散るらし
かな やたののの あさぢいろづく あらちやま みねのあわゆき さむくちるらし
英語(ローマ字) YATANONONO ASADIIRODUKU ARACHIYAMA MINENOAWAYUKI SAMUKUCHIRURASHI
八田の野の浅茅が色づいてきた。このぶんだと有乳山の嶺では淡雪が寒々と舞っていることだろうな。
左注
校異 <> 寒 [西(右書)][元][類][紀][細]
用語 冬雑歌、奈良、福井、地名、叙景
タイトルとURLをコピーしました