万葉集 第10巻 2194番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2194番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2194番歌

第10巻
歌番号 2194番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠黄葉)
原文 鴈鳴乃 来鳴之共 韓衣 裁田之山者 黄始南
訓読 雁がねの来鳴きしなへに韓衣龍田の山はもみちそめたり
かな かりがねの きなきしなへに からころも たつたのやまは もみちそめたり
英語(ローマ字) KARIGANENO KINAKISHINAHENI KARAKOROMO TATSUTANOYAMAHA MOMICHISOMETARI
雁がやってきて鳴くようになった。それとともに、きらびやかな美しい韓衣のような龍田の山は色づき始めた。
左注
校異
用語 秋雑歌、奈良県、生駒郡、地名、動物、植物、枕詞、季節
タイトルとURLをコピーしました