万葉集 第10巻 2195番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2195番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2195番歌

第10巻
歌番号 2195番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠黄葉)
原文 鴈之鳴 聲聞苗荷 明日従者 借香能山者 黄始南
訓読 雁がねの声聞くなへに明日よりは春日の山はもみちそめなむ
かな かりがねの こゑきくなへに あすよりは かすがのやまは もみちそめなむ
英語(ローマ字) KARIGANENO KOゑKIKUNAHENI ASUYORIHA KASUGANOYAMAHA MOMICHISOMENAMU
雁の鳴き声が聞こえるようになったが、明日からは春日山が色づき始めることだろう。
左注
校異
用語 秋雑歌、奈良、地名、動物、季節
タイトルとURLをコピーしました