万葉集 第10巻 2265番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2265番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2265番歌

第10巻
歌番号 2265番歌
作者 作者不詳
題詞 寄蝦
原文 朝霞 鹿火屋之下尓 鳴蝦 聲谷聞者 吾将戀八方
訓読 朝霞鹿火屋が下に鳴くかはづ声だに聞かば我れ恋ひめやも
かな あさかすみ かひやがしたに なくかはづ こゑだにきかば あれこひめやも
英語(ローマ字) ASAKASUMI KAHIYAGASHITANI NAKUKAHADU KOゑDANIKIKABA AREKOHIMEYAMO
朝霞にけむる朝、蚊火の置かれた縁側の下で鳴く小さな蛙の声だけでも聞くことが出来るなら、あなたのことをこんなにも恋い焦がれるでしょうか。
左注
校異
用語 秋相聞、動物、恋情
タイトルとURLをコピーしました