万葉集 第10巻 1953番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1953番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1953番歌

第10巻
歌番号 1953番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鳥)
原文 五月山 宇能花月夜 霍公鳥 雖聞不飽 又鳴鴨
訓読 五月山卯の花月夜霍公鳥聞けども飽かずまた鳴かぬかも
かな さつきやま うのはなづくよ ほととぎす きけどもあかず またなかぬかも
英語(ローマ字) SATSUKIYAMA UNOHANADUKUYO HOTOTOGISU KIKEDOMOAKAZU MATANAKANUKAMO
今、山は五月、卯の花がこうこうと照らし出される絶好の月夜。ホトトギスの鳴き声がする。いくら聞いていても飽きない鳴き声。まだまだ鳴いてくれないかなあ。
左注
校異
用語 夏雑歌、植物、動物
タイトルとURLをコピーしました