万葉集 第10巻 1835番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1835番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1835番歌

第10巻
歌番号 1835番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鳥)
原文 今更 雪零目八方 蜻火之 燎留春部常 成西物乎
訓読 今さらに雪降らめやもかぎろひの燃ゆる春へとなりにしものを
かな いまさらに ゆきふらめやも かぎろひの もゆるはるへと なりにしものを
英語(ローマ字) IMASARANI YUKIFURAMEYAMO KAGIROHINO MOYURUHARUHETO NARINISHIMONOWO
この時期になっても雪が降ってくるというのだろうか。陽炎が燃え立つ春になっているというのに。
左注
校異
用語 春雑歌、季節
タイトルとURLをコピーしました