万葉集 第10巻 2021番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2021番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2021番歌

第10巻
歌番号 2021番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (七夕)
原文 遥ほ等 手枕易 寐夜 鶏音莫動 明者雖明
訓読 遠妻と手枕交へて寝たる夜は鶏がねな鳴き明けば明けぬとも
かな とほづまと たまくらかへて ねたるよは とりがねななき あけばあけぬとも
英語(ローマ字) TOHODUMATO TAMAKURAKAHETE NETARUYOHA TORIGANENANAKI AKEBAAKENUTOMO
遠妻と手枕を交わして寝る夜は、鶏よ、鳴くな、鳴かないでおくれ、たとえ夜があけたからといって。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 秋雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、七夕
タイトルとURLをコピーしました