万葉集 第10巻 2044番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2044番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2044番歌

第10巻
歌番号 2044番歌
作者 作者不詳
題詞 (七夕)
原文 天漢 霧立度 牽牛之 楫音所聞 夜深徃
訓読 天の川霧立ちわたり彦星の楫の音聞こゆ夜の更けゆけば
かな あまのがは きりたちわたり ひこほしの かぢのおときこゆ よのふけゆけば
英語(ローマ字) AMANOGAHA KIRITACHIWATARI HIKOHOSHINO KADINOOTOKIKOYU YONOFUKEYUKEBA
天の川に霧がたちこめていて、彦星(牽牛)が舟を漕ぐ楫の音が聞こえる。次第に夜が更けてきて。
左注
校異
用語 秋雑歌、七夕
タイトルとURLをコピーしました