万葉集 第10巻 1907番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1907番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1907番歌

第10巻
歌番号 1907番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄花)
原文 如是有者 何如殖兼 山振乃 止時喪哭 戀良苦念者
訓読 かくしあらば何か植ゑけむ山吹のやむ時もなく恋ふらく思へば
かな かくしあらば なにかうゑけむ やまぶきの やむときもなく こふらくおもへば
英語(ローマ字) KAKUSHIARABA NANIKAUゑKEMU YAMABUKINO YAMUTOKIMONAKU KOFURAKUOMOHEBA
こんなことになるのなら、何故山吹を植えたのだろう。(逢えなくて)やむ時なく恋に苦しむことになるならば。
左注
校異
用語 春相聞、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました