万葉集 第10巻 1908番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1908番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1908番歌

第10巻
歌番号 1908番歌
作者 作者不詳
題詞 寄霜
原文 春去者 水草之上尓 置霜乃 消乍毛我者 戀度鴨
訓読 春されば水草の上に置く霜の消につつも我れは恋ひわたるかも
かな はるされば みくさのうへに おくしもの けにつつもあれは こひわたるかも
英語(ローマ字) HARUSAREBA MIKUSANOUHENI OKUSHIMONO KENITSUTSUMOAREHA KOHIWATARUKAMO
春がやってくると、水草の上の霜が消えてしまうように、消えそうになりながらも私は恋続けまする。
左注
校異
用語 春相聞、恋情
タイトルとURLをコピーしました