万葉集 第10巻 2181番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2181番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2181番歌

第10巻
歌番号 2181番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠黄葉)
原文 鴈鳴之 寒朝開之 露有之 春日山乎 令黄物者
訓読 雁が音の寒き朝明の露ならし春日の山をもみたすものは
かな かりがねの さむきあさけの つゆならし かすがのやまを もみたすものは
英語(ローマ字) KARIGANENO SAMUKIASAKENO TSUYUNARASHI KASUGANOYAMAWO MOMITASUMONOHA
鳴く雁の声が寒々と聞こえる朝明けだ。露が降りていることだろう。春日山を色づかせる露が。
左注
校異
用語 秋雑歌、奈良、地名、動物
タイトルとURLをコピーしました