万葉集 第10巻 2319番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2319番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2319番歌

第10巻
歌番号 2319番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠雪)
原文 暮去者 衣袖寒之 高松之 山木毎 雪曽零有
訓読 夕されば衣手寒し高松の山の木ごとに雪ぞ降りたる
かな ゆふされば ころもでさむし たかまつの やまのきごとに ゆきぞふりたる
英語(ローマ字) YUFUSAREBA KOROMODESAMUSHI TAKAMATSUNO YAMANOKIGOTONI YUKIZOFURITARU
夕方になると着物の袖口が寒い。見ると、山に茂る高い松のどの木にも雪が降っている。
左注
校異
用語 冬雑歌、高円、奈良、地名、叙景
タイトルとURLをコピーしました