万葉集 第10巻 2320番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2320番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2320番歌

第10巻
歌番号 2320番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠雪)
原文 吾袖尓 零鶴雪毛 流去而 妹之手本 伊行觸<粳>
訓読 我が袖に降りつる雪も流れ行きて妹が手本にい行き触れぬか
かな わがそでに ふりつるゆきも ながれゆきて いもがたもとに いゆきふれぬか
英語(ローマ字) WAGASODENI FURITSURUYUKIMO NAGAREYUKITE IMOGATAMOTONI IYUKIFURENUKA
私の着物の袖に雪がふりかかってきたが、この雪が流れていってあの子の手首に降りかからぬものだろうか。
左注
校異 糠 粳 [元][類]
用語 冬雑歌、恋愛
タイトルとURLをコピーしました