万葉集 第10巻 1939番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1939番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1939番歌

第10巻
歌番号 1939番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鳥)
原文 霍公鳥 汝始音者 於吾欲得 五月之珠尓 交而将貫
訓読 霍公鳥汝が初声は我れにもが五月の玉に交へて貫かむ
かな ほととぎす ながはつこゑは われにもが さつきのたまに まじへてぬかむ
英語(ローマ字) HOTOTOGISU NAGAHATSUKOゑHA WARENIMOGA SATSUKINOTAMANI MAJIHETENUKAMU
ホトトギスよ。お前が発する初声を私にもくれないだろうか。香料や木の実に混ぜて袋に入れ五月の薬玉(くすだま)にして飾りたいから。
左注
校異
用語 夏雑歌、動物、植物
タイトルとURLをコピーしました