万葉集 第10巻 1940番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1940番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1940番歌

第10巻
歌番号 1940番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鳥)
原文 朝霞 棚引野邊 足桧木乃 山霍公鳥 何時来将鳴
訓読 朝霞たなびく野辺にあしひきの山霍公鳥いつか来鳴かむ
かな あさかすみ たなびくのへに あしひきの やまほととぎす いつかきなかむ
英語(ローマ字) ASAKASUMI TANABIKUNOHENI ASHIHIKINO YAMAHOTOTOGISU ITSUKAKINAKAMU
野辺には朝霞がたなびいている。いつになったら山からヤマホトトギスがやってきて鳴いてくれるのだろう。
左注
校異
用語 夏雑歌、動物
タイトルとURLをコピーしました