万葉集 第10巻 1944番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1944番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1944番歌

第10巻
歌番号 1944番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鳥)
原文 藤浪之 散巻惜 霍公鳥 今城岳S 鳴而越奈利
訓読 藤波の散らまく惜しみ霍公鳥今城の岡を鳴きて越ゆなり
かな ふぢなみの ちらまくをしみ ほととぎす いまきのをかを なきてこゆなり
英語(ローマ字) FUDINAMINO CHIRAMAKUWOSHIMI HOTOTOGISU IMAKINOWOKAWO NAKITEKOYUNARI
藤の花の散るのを惜しみ、ホトトギスは今城の岡を鳴きながら越えていった。
左注
校異
用語 夏雑歌、地名、植物、動物、叙景
タイトルとURLをコピーしました