万葉集 第10巻 2060番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2060番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2060番歌

第10巻
歌番号 2060番歌
作者 作者不詳
題詞 (七夕)
原文 直今夜 相有兒等尓 事問母 未為而 左夜曽明二来
訓読 ただ今夜逢ひたる子らに言どひもいまだせずしてさ夜ぞ明けにける
かな ただこよひ あひたるこらに ことどひも いまだせずして さよぞあけにける
英語(ローマ字) TADAKOYOHI AHITARUKORANI KOTODOHIMO IMADASEZUSHITE SAYOZOAKENIKERU
たった今し方逢っていた妻と十分言葉を交わさない内に夜が明けてしまった。
左注
校異
用語 秋雑歌、七夕
タイトルとURLをコピーしました