万葉集 第10巻 2157番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2157番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2157番歌

第10巻
歌番号 2157番歌
作者 作者不詳
題詞 詠蝉
原文 暮影 来鳴日晩之 幾許 毎日聞跡 不足音可聞
訓読 夕影に来鳴くひぐらしここだくも日ごとに聞けど飽かぬ声かも
かな ゆふかげに きなくひぐらし ここだくも ひごとにきけど あかぬこゑかも
英語(ローマ字) YUFUKAGENI KINAKUHIGURASHI KOKODAKUMO HIGOTONIKIKEDO AKANUKOゑKAMO
ひぐらしは夕暮れになるとやってきてしきりに鳴く。毎日毎日聞いていても飽きない鳴き声だ。
左注
校異
用語 秋雑歌、動物、季節
タイトルとURLをコピーしました