万葉集 第10巻 2148番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2148番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2148番歌

第10巻
歌番号 2148番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鹿鳴)
原文 足日木<笶> 山従来世波 左小<壮>鹿之 妻呼音 聞益物乎
訓読 あしひきの山より来せばさを鹿の妻呼ぶ声を聞かましものを
かな あしひきの やまよりきせば さをしかの つまよぶこゑを きかましものを
英語(ローマ字) ASHIHIKINO YAMAYORIKISEBA SAWOSHIKANO TSUMAYOBUKOゑWO KIKAMASHIMONOWO
山路をいらっしゃれば、妻を呼ぶ牡鹿の鳴き声をお聞きになっただろうに。
左注
校異 笑 笶 [西(訂正)][元] / 牡 壮 [元][類]
用語 秋雑歌、枕詞、動物
タイトルとURLをコピーしました