万葉集 第10巻 2147番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2147番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2147番歌

第10巻
歌番号 2147番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鹿鳴)
原文 山邊尓 射去薩雄者 雖大有 山尓文野尓文 沙小<壮>鹿鳴母
訓読 山の辺にい行くさつ男は多かれど山にも野にもさを鹿鳴くも
かな やまのへに いゆくさつをは さはにあれど やまにものにも さをしかなくも
英語(ローマ字) YAMANOHENI IYUKUSATSUWOHA SAHANIAREDO YAMANIMONONIMO SAWOSHIKANAKUMO
山の辺に狩りに出かける狩人は多いが、山にいても野にいるときと同様、鳴き立てる牡鹿の声が聞こえる。
左注
校異 牡 壮 [元][類]
用語 秋雑歌、動物、叙景
タイトルとURLをコピーしました