万葉集 第10巻 2272番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2272番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2272番歌

第10巻
歌番号 2272番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄花)
原文 秋就者 水草花乃 阿要奴蟹 思跡不知 直尓不相在者
訓読 秋づけば水草の花のあえぬがに思へど知らじ直に逢はざれば
かな あきづけば みくさのはなの あえぬがに おもへどしらじ ただにあはざれば
英語(ローマ字) AKIDUKEBA MIKUSANOHANANO AENUGANI OMOHEDOSHIRAJI TADANIAHAZAREBA
秋がやってくると、水辺の草花がこぼれ落ちるように、私の思いも切なく途切れそうになる。この気持ちあなたは知らないでしょうね。直接逢うこともないので。
左注
校異
用語 秋相聞、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました