万葉集 第10巻 1883番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1883番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1883番歌

第10巻
歌番号 1883番歌
作者 作者不詳
題詞 (野遊)
原文 百礒城之 大宮人者 暇有也 梅乎挿頭而 此間集有
訓読 ももしきの大宮人は暇あれや梅をかざしてここに集へる
かな ももしきの おほみやひとは いとまあれや うめをかざして ここにつどへる
英語(ローマ字) MOMOSHIKINO OHOMIYAHITOHA ITOMAAREYA UMEWOKAZASHITE KOKONITSUDOHERU
われら大宮人はいっせいに集うことができるお休みをいただいているおかげで、こうして梅を頭に挿して集まってこられた。
左注
校異
用語 春雑歌、野遊び、枕詞、植物
タイトルとURLをコピーしました