万葉集 第10巻 1884番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1884番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1884番歌

第10巻
歌番号 1884番歌
作者 作者不詳
題詞 歎舊
原文 寒過 暖来者 年月者 雖新有 人者舊去
訓読 冬過ぎて春し来れば年月は新たなれども人は古りゆく
かな ふゆすぎて はるしきたれば としつきは あらたなれども ひとはふりゆく
英語(ローマ字) FUYUSUGITE HARUSHIKITAREBA TOSHITSUKIHA ARATANAREDOMO HITOHAFURIYUKU
冬が過ぎて春がやって来ると、年は新年を迎えるけれども、人間は年を取る一方である。
左注
校異
用語 春雑歌、移ろい、問答
タイトルとURLをコピーしました