万葉集 第10巻 1882番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1882番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1882番歌

第10巻
歌番号 1882番歌
作者 作者不詳
題詞 (野遊)
原文 春野尓 意将述跡 <念>共 来之今日者 不晩毛荒粳
訓読 春の野に心延べむと思ふどち来し今日の日は暮れずもあらぬか
かな はるののに こころのべむと おもふどち こしけふのひは くれずもあらぬか
英語(ローマ字) HARUNONONI KOKORONOBEMUTO OMOFUDOCHI KOSHIKEFUNOHIHA KUREZUMOARANUKA
春の野に思いっ切り羽根を伸ばそうと仲間同士で集まってきた今日というこの日、このまま暮れてしまわなければよいのに。
左注
校異 命 念 [西(訂正)][類][古][紀]
用語 春雑歌、野遊び
タイトルとURLをコピーしました