万葉集 第10巻 1975番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1975番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1975番歌

第10巻
歌番号 1975番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 不時 玉乎曽連有 宇能花乃 五月乎待者 可久有
訓読 時ならず玉をぞ貫ける卯の花の五月を待たば久しくあるべみ
かな ときならず たまをぞぬける うのはなの さつきをまたば ひさしくあるべみ
英語(ローマ字) TOKINARAZU TAMAWOZONUKERU UNOHANANO SATSUKIWOMATABA HISASHIKUARUBEMI
まだ時期ではないのに卯の花の実を通して早々と飾り玉を作った。本来なら卯の花を貫くのは五月(旧暦、現在の夏季)だが、それまでまだ久しいので待ちきれず作りました。
左注
校異
用語 夏雑歌、植物
タイトルとURLをコピーしました