万葉集 第10巻 1836番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1836番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1836番歌

第10巻
歌番号 1836番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鳥)
原文 風交 雪者零乍 然為蟹 霞田菜引 春去尓来
訓読 風交り雪は降りつつしかすがに霞たなびき春さりにけり
かな かぜまじり ゆきはふりつつ しかすがに かすみたなびき はるさりにけり
英語(ローマ字) KAZEMAJIRI YUKIHAFURITSUTSU SHIKASUGANI KASUMITANABIKI HARUSARINIKERI
風に吹かれて雪は降り続いているけれど、霞がたなびいていて、春がやってきている。
左注
校異
用語 春雑歌、季節
タイトルとURLをコピーしました