万葉集 第10巻 2277番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2277番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2277番歌

第10巻
歌番号 2277番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄花)
原文 左小<壮>鹿之 入野乃為酢寸 初尾花 何時<加> 妹之<手将>枕
訓読 さを鹿の入野のすすき初尾花いづれの時か妹が手まかむ
かな さをしかの いりののすすき はつをばな いづれのときか いもがてまかむ
英語(ローマ字) SAWOSHIKANO IRINONOSUSUKI HATSUWOBANA IDURENOTOKIKA IMOGATEMAKAMU
牡鹿が入り込む入野にススキが初めて尾花を付ける季節がやってきた。いったいいつになったら彼女の手枕で共寝できるのだろう。
左注
校異 牡 壮 [類] / 如 加 [元][紀][温] / 将手 手将 [元][類][紀]
用語 秋相聞、地名、動物、植物
タイトルとURLをコピーしました