万葉集 第10巻 2263番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2263番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2263番歌

第10巻
歌番号 2263番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄雨)
原文 九月 四具礼乃雨之 山霧 烟寸<吾>胸 誰乎見者将息 [一云 十月 四具礼乃雨降]
訓読 九月のしぐれの雨の山霧のいぶせき我が胸誰を見ばやまむ [一云 十月しぐれの雨降り]
かな ながつきの しぐれのあめの やまぎりの いぶせきあがむね たをみばやまむ [かむなづき しぐれのあめふり]
英語(ローマ字) NAGATSUKINO SHIGURENOAMENO YAMAGIRINO IBUSEKIAGAMUNE TAWOMIBAYAMAMU [KAMUNADUKI SHIGURENOAMEFURI]
九月のしぐれの雨で山霧がかかったように、心が晴れやらぬ日々だが、いったい誰に逢えたら心晴れるのだろう。
左注
校異 吾告 吾 [万葉集略解]
用語 秋相聞、恋情、鬱屈、異伝
タイトルとURLをコピーしました