万葉集 第10巻 2180番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2180番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2180番歌

第10巻
歌番号 2180番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠黄葉)
原文 九月乃 <鍾>礼乃雨丹 沾通 春日之山者 色付丹来
訓読 九月のしぐれの雨に濡れ通り春日の山は色づきにけり
かな ながつきの しぐれのあめに ぬれとほり かすがのやまは いろづきにけり
英語(ローマ字) NAGATSUKINO SHIGURENOAMENI NURETOHORI KASUGANOYAMAHA IRODUKINIKERI
長月のしぐれ雨に春日山は一面に濡れ、すっかり色づいてきた。
左注
校異 鐘 鍾 [元][紀]
用語 秋雑歌、奈良、地名、季節、属目
タイトルとURLをコピーしました