万葉集 第10巻 2317番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2317番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2317番歌

第10巻
歌番号 2317番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠雪)
原文 殊落者 袖副沾而 可通 将落雪之 空尓消二管
訓読 こと降らば袖さへ濡れて通るべく降りなむ雪の空に消につつ
かな ことふらば そでさへぬれて とほるべく ふりなむゆきの そらにけにつつ
英語(ローマ字) KOTOFURABA SODESAHENURETE TOHORUBEKU FURINAMUYUKINO SORANIKENITSUTSU
同じ降るなら袖に舞い降りてきてしみ通るほどに降ればいいのに。雪は降ってくるまでに途中で消えてしまう。
左注
校異
用語 冬雑歌
タイトルとURLをコピーしました