万葉集 第10巻 2170番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2170番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2170番歌

第10巻
歌番号 2170番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠露)
原文 秋芽子之 枝毛十尾丹 露霜置 寒毛時者 成尓家類可聞
訓読 秋萩の枝もとををに露霜置き寒くも時はなりにけるかも
かな あきはぎの えだもとををに つゆしもおき さむくもときは なりにけるかも
英語(ローマ字) AKIHAGINO EDAMOTOWOWONI TSUYUSHIMOOKI SAMUKUMOTOKIHA NARINIKERUKAMO
萩の枝がたわむほど萩に露霜が降りるようになった。寒い寒い季節がやってきたのだなあ。
左注
校異
用語 秋雑歌、植物、季節
タイトルとURLをコピーしました