万葉集 第10巻 2345番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2345番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2345番歌

第10巻
歌番号 2345番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄雪)
原文 天霧相 零来雪之 消友 於君合常 流經度
訓読 天霧らひ降りくる雪の消なめども君に逢はむとながらへわたる
かな あまぎらひ ふりくるゆきの けなめども きみにあはむと ながらへわたる
英語(ローマ字) AMAGIRAHI FURIKURUYUKINO KENAMEDOMO KIMINIAHAMUTO NAGARAHEWATARU
一面霧がかかったように降ってくる雪のように消え入りそうに(死にたく)なりますが、あなた様にお逢いするまではと生きながらえております。
左注
校異
用語 冬相聞、恋情
タイトルとURLをコピーしました