万葉集 第10巻 2202番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2202番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2202番歌

第10巻
歌番号 2202番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠黄葉)
原文 黄葉為 時尓成良之 月人 楓枝乃 色付見者
訓読 黄葉する時になるらし月人の桂の枝の色づく見れば
かな もみちする ときになるらし つきひとの かつらのえだの いろづくみれば
英語(ローマ字) MOMICHISURU TOKININARURASHI TSUKIHITONO KATSURANOEDANO IRODUKUMIREBA
いよいよ黄葉の季節がやってきたようだ。お月様に映える楓が美しく色づいているのを見ると。
左注
校異
用語 秋雑歌、植物、季節、属目
タイトルとURLをコピーしました