万葉集 第10巻 2169番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2169番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2169番歌

第10巻
歌番号 2169番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠露)
原文 暮立之 雨落毎 [一云 打零者] 春日野之 尾花之上乃 白霧所念
訓読 夕立ちの雨降るごとに [一云 うち降れば] 春日野の尾花が上の白露思ほゆ
かな ゆふだちの あめふるごとに[うちふれば] かすがのの をばながうへの しらつゆおもほゆ
英語(ローマ字) YUFUDACHINO AMEFURUGOTONI[UCHIFUREBA] KASUGANONO WOBANAGAUHENO SHIRATSUYUOMOHOYU
夕立に見舞われるたびに[見舞われると]春日野の尾花に降りた白露が想起される。
左注
校異
用語 秋雑歌、奈良、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました