万葉集 第10巻 1994番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1994番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1994番歌

第10巻
歌番号 1994番歌
作者 作者不詳
題詞 寄露
原文 夏草乃 露別衣 不著尓 我衣手乃 干時毛名寸
訓読 夏草の露別け衣着けなくに我が衣手の干る時もなき
かな なつくさの つゆわけごろも つけなくに わがころもでの ふるときもなき
英語(ローマ字) NATSUKUSANO TSUYUWAKEGOROMO TSUKENAKUNI WAGAKOROMODENO FURUTOKIMONAKI
露にまみれた夏草を踏みしめてきた着物を着たわけでもないのに、ただ待っているだけの女の身なのに、私の着ている着物の袖は涙で乾く時がありません。
左注
校異
用語 夏相聞、植物
タイトルとURLをコピーしました